メルカリで1500円の高級ブランド「Coach」の財布を購入

2018-09-02、メルカリで購入したCoach の財布が届いた。

今まで使っていた財布は、家族から譲り受けた物で「Christian Moreno」と書いてある。

今まで使っていた財布
今まで使っていた財布

調べてもそれらしい情報が出てこないブランドなので、チャイナか東南アジアで作られた粗悪品だろう。
それにしても、使いだして2~3ヶ月でもうボロボロになってしまった。皮がポロポロと剥がれてきて汚いし、ボタンまで外れる始末だ。

中はボロボロ!
中はボロボロ!

いくら何でもこれは酷い(笑)!少し高くても良質な製品を使うべきだと学んだ。

そして新しい財布を買おうと思った。
近くの紳士服店に2000円程の牛革の物があったのでこれを買おうと一度は思ったが、もう少し吟味した方がいいと思って買わなかった。

複数の友達に財布を買おうと思っていることを話すと、皆揃って自分がブランド品を持たないことに小言を言ってくる。
それでも当初はブランド物を買うことはコスパが悪いので眼中になかったのだが、あることを機に考えが変わった。
それは、一週間ほど前に服をメルカリで初めて買ったことだ。それはGAPというちゃんとしたブランドで1100円という格安だった。
まぁ実はその服はサイズが合わなかったので買い物としては失敗だったのだが、そこで、「メルカリでならばブランド品を格安で手に入れられる!」という発想を得たのだ。

折角ならばブランド品を持っていたほうがいいよね。品質面でも、ブランド品ならば中古であっても高い事を期待できる。という訳でメルカリでブランド物の財布を探し出した。

しかし、そもそも私は財布のブランドに無知だ。そこで、財布のブランドとして特に人気があるものを調べた。すると、日本と世界では人気のあるブランドが異なることが分かった。
日本ではCoach、Louis Vuitton、Paul Smithなど。世界ではMontblanc、Bottega Veneta、Gucciなど。日本ではほぼ無名のMontblanc が世界ではトップクラスなのが興味深い。
日本人はバッグの高級ブランドをそのまま財布にも適用しているという感じだ。なんだか、品質を理解せずにネームバリューだけでブランドを選んでいる感じがして嫌らしい。

という訳で、私は世界基準でブランドを選ぶことにした。
選ぶ基準の具体的な項目は次のとおり。

  • ポケットに入る
  • 2000円以下
  • 意匠が良い
  • 小銭入れが2つに分かれている
  • 汚くない

結局選んだのは、Coach の茶色の革。1500円なり。
Coach は世界的にも十分に有名だが、結果的に日本人にとってどストライクのブランドになってしまった(笑)。

新しく買った財布
新しく買った財布
内側
内側

この財布は女性向けらしいけれど気にしない。男性向けは黒が一般的のようだが、私は黒い財布は重苦しいし使い込むと共に汚くなりやすくて嫌いなので避けた。

この財布は機能性があるし、色合いからして使い込んでも汚くならずに味を出してくれるだろう。いい買い物をしていい気分だ(*^^*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。