カテゴリー別アーカイブ: 未分類

Nifmoで通話SIM(7GB)とASUS ZenFone Max(M1)を購入

、私は先月壊れたスマホ「g07++」に代わる物を手に入れる為に、NifmoでSIM 抱き合わせ製品の中から選んだ。

Nifmo で端末選び

端末は18種類が用意されており、製造元としてはHTC、HUAWEI、ASUS、OPPO、Motorola、シャープ、富士通の7社ある。私は中国企業の精密機器はback-door 機器が埋め込まれているなどの政治的理由で絶対に使わないと決めているので、HUAWEI、OPPO、Motorola の製品は除外。
それにしても、Nifmo のラインナップに限らず、HUAWEI 端末が相当に幅を利かせていることが驚きだ。中国製品が一般にはこれほどまでに浸透しており、誰も疑わない状況は危険だ。
残った中から、4万円以内の物を主な判断要素と共に次に挙げた。

製品 価格(円) RAM ROM 画面size OS その他の機能
ZenFone 5Q 37778 4 64 6.0 Android 7.1 顔認証
ZenFone Max(M1) 22223 3 32 5.5 Android 8.0 顔認証
ZenFone 4 Max 18889 3 32 5.2 Android 7.1
AQUOS sense lite SH-M05 31112 3 32 5.0 Android 7.1 防水・おサイフケータイ
arrows M04 31112 2 16 5.0 Android 7.1 防水・おサイフケータイ・ワンセグ

AQUOS とarrows の防水やおサイフケータイといった機能は魅力的だが、おサイフケータイは殆ど使わないし、防水機能もZenFone 4 Max との差額が約1万円以上あるのを考えると、そこまで注ぎ込める程の機能でもない。ワンセグ機能はNHK 受信料を徴収される恐れがあるので、利点にならない。

ZenFone の3種の長所は価格や画面の大きさであり、この利点が大きいのでこの3種に絞った。やはり日本製は費用対効果では外国製には勝てないね。
5Q は私にとっては過剰性能でコスパが悪いので除外。Max(M1) と4 Max のどちらを選ぶかで悩むが、Max(M1) が画面の大きさと顔認証が魅力的なので購入することにした。

一ヶ月前に発売されたばかりの新製品だ。最大の特徴は充電の持続時間が長いことだ。

スマホが壊れたので端末とSIMを乗り換え…Nifmoを選んだ

私は2018年2月からMVNO「OCNモバイルONE」のSIM と抱き合わせでスマホ「g07++」を購入して使っていたのだけど、9月に壊れたのでSIM と端末を新しくすることにした。

g07++が壊れた

私はにMVNO「OCNモバイルONE」のSIM と抱き合わせでスマホ「g07++」を購入したのだが、使い方が悪くて9月に画面が映らない状態になってしまった。たった7ヶ月で壊してしまった…。
無償修理が出来ないかと調べたが、OCNモバイルの補償契約はしておらず、端末製造元のコヴィア・ネットワークスの修理は有償修理となり2万円以上かかるという。

そこで、新たにスマホを買うことにした。SIM 契約のincentive を利用するために、今契約しているOCNモバイルは解約する。SIM card の最低利用期間り6ヶ月を超えていたのが幸いだった。

SIMとスマホを選ぶ

OCNモバイルはらくらくセットで購入すると、2万円ほど安くなる。最低契約期間が半年なので、そのコスパは驚異的に優れている。
だから、今のOCNモバイルとの契約を解約して、再契約するという手法が使えればこれを採用したい。でも公式site には「らくらくセットのお申し込みはお一人様1セット限りとさせていただきます」という但し書きがあるので不可能かもしれない。そこでにチャットで問い合わせたが、一度解約した後に再びらくらくセットを購入することは不可能だという。ただし、「OCNモバイル→他の通信事業者→OCNモバイル」と乗り継いでMNPを使って再びOCNモバイルと契約する際はらくらくセットを購入することができる
だからOCNモバイルとの再契約する案は諦めた。

2月にSIM を選んでいたときは、OCNモバイルの他に、楽天モバイルとBIGLOBEモバイルが候補だった。なぜならば、価格コム経由で1万円以上の現金還元が得られるincentive があったからだ。だから今回も楽天モバイルかBIGLOBEモバイルの何れかから選ぼうと思ったが、念の為に他の通信事業者が用意しいるincentive についても調べてみた。すると、次のように楽天モバイルやBIGLOBEモバイルより遥かに良い案件が見つかった。何れも縛り期間が半年以下のMVNO だ。

イオンモバイル
アウトレットセールで「arrows M03」が約10000円引き。ただし端末自体のコスパは低い。
NifMo
契約形態はスマホセットSIM card 単体があり、スマホセットは約15000円も値引きされる。10月31日まで。時期によっては20000円の現金還元があるらしい!
FREETEL
ハロウィンセールでOCNモバイルのSIM の抱き合わせでFREETEL端末が約15000円安くなる。11月1日まで。らくらくセットを購入する訳ではないので、自分でも利用できそうだ。

NifMo はこのキャンペーンを何故か公にせずに行っている。元は非公式のblog で現金還元のキャンペーンが紹介されいていて、そこでは約12000円還元と書かれていたのだが、公式site を訪れてみると、約15000円と書かれていた。その契約内容は、7GB (2300円)で、今まで使っていた約3GB (1600円)と比べると高いが、その分回線を快適に使えるので欠点として扱うつもりはない。

NifMo とFREETEL は、キャンペーン期限の最後の週末には売り切れそうだから、その前にどこのスマホを購入するか決定しておきたい。という訳で、21日土曜日から判断のための情報収集を集中的に行った。

NifMo とFREETEL がかなりいい勝負であり、どちらを選ぶか悩ましい。
OCNモバイルは一ヶ月あたり3000円程度の値引きという大きなコスパを持つので、「らくらくセットの再契約」という手法が使えるならばそれを選ぶところだが、残念ながらそれは叶わない。だからSIM 契約の「次の次」に利用するのが得策だ。
それにFREETEL を使うと、OCNモバイルを解約した後すぐに契約ということになり、これが原因でブラックリスト入りする恐れもあるので避けたい。
そこでNifMo を利用することにした。

次にNifmo でスマホを選んだ。

メルカリで中古2GB RAM購入 3歳の自機ThinkPad L540に増設

私がに購入したPC「Lenovo ThinkPad L540」は、RAM が2GB しか搭載されていなかったために、処理速度が極端に低くて、随分と苦労してきた…。

様々な試み

守銭奴の魂が染み付いている私は、とにかく無料で軽量化する方法に執着していた。
Performance Option といったお馴染みの設定から、Windows Service の停止など専門的な手法も駆使して軽量化を試みたが、その効果は僅かで、掛けた労力には明らかに見合わない。

先代機のLenovo G475 が壊れたらこれに搭載されている2GB のRAM (PC3-8500)を移植するつもりだった。
G475 も使いだしてから6年以上が経って、起動はしてくれるものの、頻繁にhung-up して常用に堪えないという状態。そこでL540 に先代機からRAM を移植してみた。ところが、同じDDR3 なのに認識してくれない!まさかの相性問題でこの試みは失敗となった…。

近頃になって漸く「費用対効果が判断の基本である」という価値観になり、忌まわしき守銭奴精神を正すに至った。
そこで家電屋に出向いてRAM を買うことにした。店内を一通り探したが見つからない。店員に尋ねると、近頃はもう家電屋ですらRAM は売っていないらしい。時代が変わったなぁ。

メルカリで購入

2018-09-29、改めてRAM を購入することにした。
PC を使っていて、高負荷でもないのに数分間応答なしになる事があって極めて非効率だと感じたからだ。最近「R25」で読んだ堀江貴文の記事などに触発されて効率性への観念が強化されたことも後押ししているのだろう。

L540 に元々入っているRAM がPC3-12800、Samsung 社製なので、相性問題を避けてできればその種類を買いたい。
価格コムでPC3-12800の物を調べてみると、IODATAの物が2100円であった。ノーブランドなら1300円のものもあったが、ノーブランドは危険と見て避けた。
その後、Amazon でも調べてみると、Samsung 社製の物を1800円で見つけた。

これにしようと思ったが、中古品も調べてみることにした。メルカリだと最安で1200円、ヤフオクだと700円前後のようだ。ヤフオクを見ていたその時、残り10分でオークション終了する商品があったので、入札してみたが、負けた。

再びメルカリを見てみると、Samsung 製の2GB のRAM「PC3L-12800S-11-12-C3」が800円で出品されているのが目に留まった。

調べてみると、10分前に出品されたようだ。これは幸運だ!ということで直ぐに購入した。希望の価格よりは少し高いが、より安い商品の出現を狙って頻繁にwebsite を確認したり価格交渉をするよりかは費用対効果が高い、と合理的に判断した。
今回は正しく認識してくれるに違いない、なぜならmodule 規格と製造元が同じだからだ。

たった800円で不快なPC 利用が快適なものへと変わるならば素晴らしいことだ。このPC を購入してから3年半…こいつはもう人間でいうと中年だ。もっと早く実行していればよかった。
PC がRAM をちゃんと認識してくれるのか、どの程度performance が高まるのか、楽しみだ。

取り付けてみた

、注文していたRAM が届いた。
早速、L540 に取り付けて起動させてみた。心做しか、電源を入れてからdesktop 画面が表示されるまでが早い気がする。でもTask Manager の表示は相変わらず遅くて、「応答なし」と表示されることがある。
Task Manager で確認したところ…容量は増えていない!

製造元も型番も同じなのに認識しないとは信じられない。これは流石に頭に血が上った。舌打ちを何回したことか(笑)。
slot やchip が壊れていることも有り得るので、それを確かめるために、挿入している二枚のchip を入れ替えて起動させてみた。すると、beep 音が鳴って起動失敗。どうやらchip の挿入が浅かったようだ。そしてふと思ったのが、RAM が認識しないのは、RAM を正しく差し込めていないからではないかという事だ。

このPC のslot は上下に重なるように配置されている。一層目のslot は正しく認識しているが、二層目が認識しない。
chip を二枚とも挿入した状態で2つのchip の切り欠きの部分をよく見ると、二層目は一層目よりまだ余りがあるので、もっと深く差し込めるのではないか…?そこで押し込んでみると、確かにより深く嵌った!
改めて起動してみると、「4GB」と認識されていた!!

単に取り付け方が間違っていただけだったのだ…。
ちなみに、G475 から移植したPC3-8500 が認識しなかったのは相性が悪かったせいではなく単に差し方が悪かったためではないか?ということで試しにPC3-8500 を差して起動させてみたが認識していた。今まで気づかなかったことが悔しい。
せっかくPC3-12800 を買ってきたのでそちらを使うことにした。これにより、PC3-8500 を使うよりは処理速度が若干上がる。残ったPC3-8500 はG475 に戻して、緊急用として使うことにしよう。

処理速度は明らかに向上して、task が「応答なし」となる場面は激減した。PC 操作はこれまでと見違えるように快適になって、改めて「もっと早く取り組めば良かった」と思った。
特別なsoftware を使っていなくても、RAM 消費量は多い場合では3GB 程度になる。つまり、今までRAM が1GB も不足した状態で使っていたということだ。それは重いはずだ!
本来PC3-8500 が使えるにも関わらず新しくRAM を買ってしまったことの損失に対する後悔より、増設自体に早く取り掛からなかったことの後悔の方がとても大きい。

今までRAM 容量不足の問題に取り組んできて、RAM が不足していると判定する条件が分かった。それは、「RAM 使用率が80%以上で、且つ補助記憶装置が使用率が100%」というものだ。

東京1人旅 1日目(2018-09-14)「熊本空港編」

さあ、ジョニーデップに会いに東京へ旅立つ時が来た。

自宅から空港までタクシーだと3000円かかるので、友達に車で送ってもらった。車に乗りこもうとするとなぜか他の友達二人も乗っていた(笑)。
四人で熊本空港へ。

空港内で昼飯。いきなりステーキに入ることにした。多分、初いきなりステーキ!
乗せてもらった代わりに友達にはワイルドステーキ450グラム(1800円程)を奢ってやった。自分は200グラ厶、これでも腹いっぱい。

トイレに入ってたら、飛行機が30分遅れるという情報が入ってきた。

歯磨き中、いろんな人が出入りしたが、サラリーマンが多いという印象。

お土産屋では、試食できるお菓子が沢山あったので、食べれるだけ食べてやった笑。

保安検査場では、『リュック』と『スマホのチケット画面』をそれぞれトレイに入れてX線検査。
リュックは飲み物の確認をされた。事前に調べておいて、飲み物は自分が一口飲むことで確認すると思っていたが、係員が軽く匂いを確認するだけだった。

H30-09東京1週間1人旅…前日の荷物準備

2018-09-15、私は東京お台場で開催されるジョニーデップのイベントに参加する。
2018-09-13、東京行きの飛行機搭乗を明日に控えて、準備をした。

現地で現金が足りなくなったときの事を考えて、ゆうちょ銀行に数万円入金。

持ち物

  • イベントのチケット
  • 身分証明書
  • 財布
  • スマホ+充電器
  • イヤホン
  • 家の鍵
  • 筆箱
  • ウエットシート
  • コンタクトレンズ
  • ショッピングバッグ
  • 雨合羽
  • 折りたたみ傘
  • 上着4枚(3枚は途中で捨てる)
  • 下着3枚
  • 靴下3足(途中で捨てる)
  • パンツ3枚(3枚は途中で捨てる)
  • 電動ひげ剃り+充電器
  • クリアファイル
  • バースト世代のベイブレード

宿を押さえてないのは流石にヤバいな…。

北海道地震で知った新R25「堀江貴文『多動力』は極論」の感想

、北海道で最大震度7の地震があった。
Twitter のtimline を眺めていると、私がfollow している人たちがこの地震の関連して反原発派を指弾している様子を多く見かけた。どうも反原発派が「原発が停止していたから地震で事故が起きなかった」と妄言を言っているらしい。

それに反論していた人の一人が堀江貴文氏である。私はそれまで彼をTwitter でfollow していなかったのだが、私がfollow していた高須克弥氏などが彼の反原発派に対する反論をretweet していたものを読んで、同感して、堀江氏をfollow した。
ついでに少し彼のtwitter を読んでみて、その中で彼が紹介していた新R25の記事本人にモノ申す。ホリエモンの『多動力』って売れてるけど極論じゃない?が目に止まった。そして面白そうだったので読んでみた。

かなり刺激的な内容で、ホリエモンは実に面白い人だと思った。
彼の「自分を大切にする生き方」には心底から憧れる。
彼の主張は一般の人からは反感を買うだろうが、私はどれも正論であると思う。例えば自分に道中で話しかけてくる人を冷たくあしらうのは有名人特有の行動で、一般人には受け入れがたいだろうが、いちいち相手にしていたら時間を著しく浪費してしまうので悪いことではない。
近頃よく思うことではあるのだが、刹那的な欲求に目を奪われるのではなく、自分に与えられた時間は有限なのだから、自分の人生を俯瞰して真にやるべきことを絞り込んで生きていかねばならないと、改めて思わされた。

でもホリエモンのような生き方は日本では極めて規格外で、日本人はおろか、米国でもその生き方を実行できている人は稀なのではないだろうか。ああいう生き方ができるのは、優れたコミュニケーション能力や、人脈、知能を持つ人に限られるように思う。自分も彼のような生き方をしてみたいが、自信は殆ど無い…。

記事を読んだ限りでは、彼はとても気が短いように感じた。机をバンバン叩いてるらしいし…(笑)。まぁ、ストレスを溜め込まないように生きているだけかもしれないけど。
もしかすると「充実した人生を追求している」というよりも単に「生き急いでいる」のかもしれない。というのも一つの証拠がある。彼はSNS にて頭の悪い反原発派の喧嘩の相手をしているようなのだが、あれは物凄い時間の無駄遣いに違いない。何の生産性もない。あんな事をするくらいならば「反原発」心理の分析とか社会背景の考察をした方が世の中の役に立つ。その点は彼はどう思っているのだろう?もしかして炎上マーケティングか???

何れにせよ、この記事を読んで彼の著書「多動力」を読んでみたくなった。今度、余っている図書カードを活かして買ってこよう。

関係ないけど、このpage のホリエモンの写真を見るに、彼は年齢の割に老けて見える。食事や運動にもっと気を配ったほうがいいと思う。

ちなみに、「R25」は30歳前後の人を対象にした雑誌なのだが、私は高校生の頃から知っていた。当時は年齢的に自分とは無関係な存在と認識していたのだが、ふと気づけば自分もその範疇の年齢である…。いやはや、恐ろしい。

、メルカリで中古品を580円で購入した。

メルカリで1500円の高級ブランド「Coach」の財布を購入

2018-09-02、メルカリで購入したCoach の財布が届いた。

今まで使っていた財布は、家族から譲り受けた物で「Christian Moreno」と書いてある。

今まで使っていた財布
今まで使っていた財布

調べてもそれらしい情報が出てこないブランドなので、チャイナか東南アジアで作られた粗悪品だろう。
それにしても、使いだして2~3ヶ月でもうボロボロになってしまった。皮がポロポロと剥がれてきて汚いし、ボタンまで外れる始末だ。

中はボロボロ!
中はボロボロ!

いくら何でもこれは酷い(笑)!少し高くても良質な製品を使うべきだと学んだ。

そして新しい財布を買おうと思った。
近くの紳士服店に2000円程の牛革の物があったのでこれを買おうと一度は思ったが、もう少し吟味した方がいいと思って買わなかった。

複数の友達に財布を買おうと思っていることを話すと、皆揃って自分がブランド品を持たないことに小言を言ってくる。
それでも当初はブランド物を買うことはコスパが悪いので眼中になかったのだが、あることを機に考えが変わった。
それは、一週間ほど前に服をメルカリで初めて買ったことだ。それはGAPというちゃんとしたブランドで1100円という格安だった。
まぁ実はその服はサイズが合わなかったので買い物としては失敗だったのだが、そこで、「メルカリでならばブランド品を格安で手に入れられる!」という発想を得たのだ。

折角ならばブランド品を持っていたほうがいいよね。品質面でも、ブランド品ならば中古であっても高い事を期待できる。という訳でメルカリでブランド物の財布を探し出した。

しかし、そもそも私は財布のブランドに無知だ。そこで、財布のブランドとして特に人気があるものを調べた。すると、日本と世界では人気のあるブランドが異なることが分かった。
日本ではCoach、Louis Vuitton、Paul Smithなど。世界ではMontblanc、Bottega Veneta、Gucciなど。日本ではほぼ無名のMontblanc が世界ではトップクラスなのが興味深い。
日本人はバッグの高級ブランドをそのまま財布にも適用しているという感じだ。なんだか、品質を理解せずにネームバリューだけでブランドを選んでいる感じがして嫌らしい。

という訳で、私は世界基準でブランドを選ぶことにした。
選ぶ基準の具体的な項目は次のとおり。

  • ポケットに入る
  • 2000円以下
  • 意匠が良い
  • 小銭入れが2つに分かれている
  • 汚くない

結局選んだのは、Coach の茶色の革。1500円なり。
Coach は世界的にも十分に有名だが、結果的に日本人にとってどストライクのブランドになってしまった(笑)。

新しく買った財布
新しく買った財布
内側
内側

この財布は女性向けらしいけれど気にしない。男性向けは黒が一般的のようだが、私は黒い財布は重苦しいし使い込むと共に汚くなりやすくて嫌いなので避けた。

この財布は機能性があるし、色合いからして使い込んでも汚くならずに味を出してくれるだろう。いい買い物をしていい気分だ(*^^*)

2018-08から筋トレと食事管理で肉体改造開始!

2018-08から筋トレと食事管理を通して肉体改造に乗り出した。

筋トレは予てからやってきたが、ここ1ヶ月くらいからその熱は高まっている。それは夏だからというよりは、自分がB’zにハマったからという方が大きい。
というのも、稲葉浩志の肉体美に触発されているのだ。ちなみに彼のタトゥーもカッコイイので血迷ったら背中に彫っでしまうかも知れない(笑)。

食事管理

食事は高タンパク・低脂質・低糖質を心掛けている。

近ごろは甘いものはほとんど食べなくなった。
夏場は暑いので1~2lのアイスクリームを毎日少しずつ食後に食べる習慣があったが、止めた。
ジュースについても同じ。飲むとしたら「ゼロシュガー」のコーラだ。
この糖質制限の効果はあるようで、胸筋辺りの脂肪が落ちてきたのが分かる。

タンパク源としてはチキンカツをよく食べるている。というのも、スーパーで売っている「ジャンボチキンカツ」が二日がかりで食べねばならない程とても大きいのにたった150円だから。鶏肉は高タンパク・低脂質だから良いのだけれど、揚げ物だから相当脂質は多いと感じ始めている。これからは衣は外して食べようかな?

筋トレ

しかし困っているのが、脇腹と背中に沢山脂肪が付いていること。今まで背筋のトレーニングはしてきたが、なかなか落ちない。
そこでレッグツイストをやることにした。これは腹直筋も鍛えられるのが利点。
ただしこのトレーニングは負荷が低い様で、効率は悪い。そこで今後はバイシクルクランチをやってみようと思う。こっちの方が負荷が大きい。

今まで毎日ダラダラと筋トレをしてきたが、今後は毎日30分間やろうと思う。とはいえ各メニュー毎にインターバルを挟むので実質20分ほど。
時間を区切ることでメリハリを付ける意味がある。

人工甘味料を使った「ゼロシュガー」コーラとの出会い

先日、コカコーラの「ゼロシュガー」を知った。

私は近ごろは体脂肪を落とすために糖分を含むジュースは飲まないようにしているのだが、先日、炎天下の中自転車を長時間運転して喉が渇いたのでスーパーに入り「たまには糖分をとってもいいか」と思って安い炭酸飲料を適当に手に取った。それがこのコーラだった。

その時はゼロシュガーということは気にしなかったが、帰宅後にゼロシュガーという事が気になって調べてみた。
ゼロシュガーというけれど甘い。その理由はスクラロースという人工甘味料が使われている事で、スクラロースは砂糖に似た組成だが体内で消化されないので糖質には当たらないわけだ。
飲んだ後も、長い間口の中に甘みが残り続ける。

この製品以外にも糖質ゼロの炭酸飲料はないかと店頭で探してみたが、あまり無いようだ。糖質にはとても注意している一方で炭酸飲料は好きなので、コイツに出会えたのはラッキーだった。今後もゼロシュガーを愛用することになるだろう。

ただ、人工甘味料が血糖値を上昇させるという研究結果もあるので一抹の不安もある。それでも、国家機関が認可しているわけだから信頼に値するとは思う。

キャラメルコーンの底に溜まってるピーナッツの存在意義

みんな大好きな定番のお菓子「キャラメルコーン」。

確かに美味しいけど、袋の底に溜まっているピーナッツって何の為にあるんだろう?
底に溜まっているからキャラメルコーンを食べていると最終的にピーナッツだけが残っちゃうし、別にそのピーナッツがキャラメルコーン本体(サクサクのやつ)とよく合うというわけでもない。
キャラメルコーンを食べる度にそれを思う。

でも先日、残ったピーナッツを、試しに電子レンジで温めて食べてみたら香ばしくて美味かった。これは良い発見だ。

後日、なぜピーナッツが入っているのか調べてみたら、キャラメルコーン本体に塩味を与える役割を持っているらしい。なるほどね~。