歴史的衝撃。韓国、日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄

2019-08-22、韓国が日本とのGSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄すること発表しました。

協定破棄の影響は?

Twitter では次のように有識者の間で大騒ぎとなっており、本件がかなりの大事であることが伺えます。

  • 長島昭久氏「半島情勢は新たな次元に突入。アチソンラインの再現なら、我が国の安全保障にとり朝鮮戦争後最大の転機。」
  • 宇佐美典也氏「歴史の変わり目を見ている感じだな」
  • 池田信夫氏「残念ながら、もう引き返せない所まで来たのかもしれない。」

複数の専門家によると 「日本は特に困らず、むしろ韓国に不利益が出る」というのが大方の意見です。 そもそもこの協定に関わるような情報共有がこれまで日韓で行われていないので、破棄しても現状に変化はないわけです。

それでも韓国が破棄を決定したのはなぜでしょうか?破棄による影響を推定できないほど韓国政府は意思決定能力が麻痺しているのでしょうか?

私が思うに、韓国がGSOMIA を破棄した真の理由は北朝鮮との統一を果たすためで、その口実として 「日本が韓国をホワイト国除外したこと」を利用しただけです。それと、韓国国民の政権支持を取り付ける狙いもあるでしょう。

この件はあまりにも重大な影響を及ぼすので、韓国内世論や今後の国際社会の反応によっては、もしかしたら破棄を撤回するかもしれないですね。そうなれば韓国は恥晒しですが。

日本にテロリストがやって来る

この件で韓国が墓穴を掘るのは、私としては一向に構わないのですが、一つ気がかりがあります。

それは、このまま韓国が西側諸国との関係を断ち切り北朝鮮と統一を果たしたとき、 彼らの中で 日本へ難民としてやって来る人が相当な数現れるだろうということです。

朝鮮半島が統一すれば、その国家元首として金正恩が選ばれる可能性があります。そうなれば、ふつうの感覚の韓国人ならそんな抑圧的独裁政権から逃れようと思うはずです。その数は数百万人に上るでしょう。

ふつうの韓国人が難民として流入してくるだけでも日本が大混乱になるのは間違いないですが、その難民の中に北朝鮮のテロリストやスパイが紛れ込んでいることもまた間違いないのです。

日本は敗戦カルト(いわゆる左翼)の圧力のせいで、スパイやテロリストを摘発する制度が不十分なのです。だから、この状態でテロリストやスパイが大量流入してきたら、国家転覆の恐れすらあります。

ここまで考えている日本人は残念ながら極めて少ないので、これを機に警鐘を鳴らします。

日本が政情不安になり住みにくくなれば私達日本人がより安全な海外へ逃げざるを得なくなるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。