ThinkPad L540 Win7 Pro 32bit 回復media作成成功 06-15

私は、laptop 『Lenovo 20AUS26N00 (ThinkPad L540 シリーズ)』(Windows 7 Professional 32bit) の回復media を作成した。
3日前に回復media を作成しようとしたものの成功せず、今回再び挑んだ。そして遂に成功した。

成功に向けての作戦

3日前に回復media の作成に失敗してから今日まで、失敗の原因を探り、対策を考えた。

原因として私が先ず考えたのは保安app 「Avira」に因る悪影響だ。そこで此れを無効化する事を考えた。

その後にerror code 「RC=9」についてWWW で調べたところ、電力供給不足drive の故障の可能性が有る事が判った。
電力供給不足だとすると、この製品に致命的な欠陥が有るという事になる。drive が壊れている可能性を考えると、部品の交換が必要となるので手間が掛かる故に暗澹たる気分になる。

電力対策として、Avira の無効化も兼ねてsafe mode で起動してみる。但しsafe mode は制限が厳しいので、「Create Recovery Media」を起動できないかもしれない。又、その他の節電策を施す。

回復media 作成作業

safe mode でWindows を起動し、「Create Recovery Media」の起動を試した。しかし不可能だった。

実行した電力対策
  • backlight 輝度 ⇒ 最小
  • 回復media 作成時はlaptop を閉じて画面を消灯
  • perfomance option の視覚効果 ⇒ 全て無効
  • startup ⇒ 全て無効
  • 効果音 ⇒ 全て無効

13時半頃、作成を開始したが、前例と同じ失敗に至った。

17時頃、改めて挑戦した。
17:20 頃、「ディスク 2を挿入してください」と表示されdisc tray が出た。初めてディスク 1 の作成に成功したようだ。
30分頃、3枚目(ディスク 2)を挿入。
18:00 頃、「リカバリーディスクの作成が完了しました」というmessage box が表示されてdisc tray が出た。必要なdisc 枚数は4枚程だと思っていたので、3枚で完成したのが意外だった。
ところが、このmessage box を閉じた後、「recovburncd.exe は動作を停止しました」というmessage box が表示された。正しく回復media が作成されたのか少し不安だ。

回復media 作成後の検証

回復media のproperty 上の容量
  • 1枚目(boot 用?) … 0 byte
  • 2枚目(ディスク 1) … 4.2 GB
  • 3枚目(ディスク 2) … 3.9 GB

1枚目は何故か0 byte だ。これの中身を見てみると、270 MB の「winre.wim」が有った。winre.wim に就いて調べたところ、このfile は「Windows 回復環境 ツール イメージ」と呼ばれており、OS 起動に失敗した場合の自動修復などを起動する為のものだそうだ。0 byte と表示される理由は判らないが、どうやら正しくboot 用の回復media が作成されているようである。

「Create Recovery Media」を再び起動しようとしたが、「Microsoft(R) Windows(R) ライセンスで作成が許可されているデータ・メディアは1 つのみです。 Create Recovery Media プログラムは終了します。」というmessage box が表示されて出来なかった。

後で調べて知ったが、「プログラムがデータをメディアに書き込んでいるときにエラーが発生しました。」や「予期せぬエラーが発生しました。(RC=9)」が出た際は、それらが出る度に「再試行」button を押すのが好ましかった。そうすれば回復media 作成に成功していたかもしれないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。