動物の子別れ・性成熟と人の反抗期の関係 生物学

脊椎動物の中には、親子の仲が悪くなることで子育てが完了する種がある。これは「子別れ」と呼ばれる。
この子別れとヒトの反抗期との関係を考える。

動物の子別れ

ハムスター、ウミネコ、ネコなどは、親は子を一定の期間育てた後、その子に対して威嚇や攻撃を行って追い払う。鳥綱の場合は特に「突き放し」と呼ばれる。
この様な性質が存在する理由は、子を自立させるためと見られる。子がいつ迄も親離れ出来ないと、その子は繁殖活動を開始できず、したがってその種は保存できない。そういう理由から、「我が子に対して、子育て開始から一定の期間が経過すると憎悪を覚える」という形質を持った種が自然選択によって残ったのだろう。

ヒトの反抗期

この「子別れ」の機構に関して特殊なのがヒトである。ヒトには「親が子に対して憎悪を覚える」という性質は無い。その代わり、子が親に対して憎悪を覚える「反抗期」が存在する。
この性質は他の動物には見られない。オウム目には反抗期があるとされるが、これは人間が飼育している際に飼い主に対して発生するものと見られ、実の親子関係に於いても存在するかは分からない。
ヒト以外の動物には反抗期は無いようだが、雄に限れば「性成熟すると群れから離れる」という行動が広範囲な種で見られる。この性質はヒトが属する霊長目動物には一般的な性質なので、ヒトの反抗期というのはこの性質が発展したものなのかもしれない。

各動物に於ける子別れと性成熟の時期

動物の種類 分類 子別れの時期 性成熟の時期
ハムスター 哺乳綱齧歯目 3週 6~7週 7~8週
ウミネコ 鳥綱チドリ目 6週 3歳
アカギツネ 哺乳綱ネコ目 4カ月 9カ月
ネコ 哺乳綱ネコ目 6カ月 6~8カ月 8~10カ月
タンチョウ 鳥綱ツル目 10カ月 3歳
カモシカ 哺乳綱ウシ目 1歳 3歳
セイウチ 哺乳綱ネコ目 3歳 6~7歳 8~10歳
ヒト 哺乳綱霊長目 14歳 12歳 13歳

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。