ソ連独裁者・Joseph Stalinの知られざる少年時代

ソビエト連邦2代目指導者のJoseph Stalin について、少年時代の殆ど知られていない事実を挙げた。

  • 父はアルコール依存症を患っており、酔っ払うとJoseph と母に暴力を振るっていた。Joseph は酔った父を恐れていた。
  • 幸福を感じると、叫びながら、指を鳴らしながら、一本足で飛び跳ねた。
  • Joseph は学校でキリスト教の教えを受けていたが、Charles Darwin の「種の起源」を読んで進化や悪について考えて、無神論者となった。
出典
Young Stalin: Simon Sebag Montefiore

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。