ヒトの共感性の発達段階 分離個体化・役割取得 心理学

ヒトの共感性の発達を纏めた。

2~5ヶ月
共生期。内部と外部の識別が生じるが、母親とは全能的な一体感を持つ。
5~9ヶ月
分化期。母親を「対象」として認識し、母親を特定化する。母親と他人を区別して人見知り行動を行う。
15~24ヶ月
再接近期。母親を別の存在として認識する。
2~3歳
他者を自分とは独立した内的状態を持つものと捉える。
4~5歳
状況から感情を推測する。自他に於ける視点の区別はできない。
6~7歳
対象の特性を考慮して感情を推測する。自他の視点を区別でき、他者が固有の感情を持つことを理解するが、その理解は自己中心的である。
8歳~11歳
人がそれぞれが固有の感情を持つことを認識する。
12歳~14歳
第三者の視点から対象の感情を推測する。

参考文献

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。