スマホが壊れたので端末とSIMを乗り換え…Nifmoを選んだ

私は2018年2月からMVNO「OCNモバイルONE」のSIM と抱き合わせでスマホ「g07++」を購入して使っていたのだけど、9月に壊れたのでSIM と端末を新しくすることにした。

g07++が壊れた

私はにMVNO「OCNモバイルONE」のSIM と抱き合わせでスマホ「g07++」を購入したのだが、使い方が悪くて9月に画面が映らない状態になってしまった。たった7ヶ月で壊してしまった…。
無償修理が出来ないかと調べたが、OCNモバイルの補償契約はしておらず、端末製造元のコヴィア・ネットワークスの修理は有償修理となり2万円以上かかるという。

そこで、新たにスマホを買うことにした。SIM 契約のincentive を利用するために、今契約しているOCNモバイルは解約する。SIM card の最低利用期間り6ヶ月を超えていたのが幸いだった。
OCNモバイルを契約した時は、「SIM 契約のincentive を活用する」という発想は無かったのだが、最低契約期間が短いのを求めてOCNモバイルを選んだのは結果的に正解だった。

SIMとスマホを選ぶ

OCNモバイルはらくらくセットで購入すると、2万円ほど安くなる。最低契約期間が半年なので、そのコスパは驚異的に優れている。
だから、今のOCNモバイルとの契約を解約して、再契約するという手法が使えればこれを採用したい。でも公式site には「らくらくセットのお申し込みはお一人様1セット限りとさせていただきます」という但し書きがあるので不可能かもしれない。そこでにチャットで問い合わせたが、一度解約した後に再びらくらくセットを購入することは不可能だという。ただし、「OCNモバイル→他の通信事業者→OCNモバイル」と乗り継いでMNPを使って再びOCNモバイルと契約する際はらくらくセットを購入することができる
だからOCNモバイルとの再契約する案は諦めた。

2月にSIM を選んでいたときは、OCNモバイルの他に、楽天モバイルとBIGLOBEモバイルが候補だった。なぜならば、価格コム経由で1万円以上の現金還元が得られるincentive があったからだ。だから今回も楽天モバイルかBIGLOBEモバイルの何れかから選ぼうと思ったが、念の為に他の通信事業者が用意しいるincentive についても調べてみた。すると、次のように楽天モバイルやBIGLOBEモバイルより遥かに良い案件が見つかった。何れも縛り期間が半年以下のMVNO だ。

イオンモバイル
アウトレットセールで「arrows M03」が約10000円引き。ただし端末自体のコスパは低い。
NifMo
契約形態はスマホセットSIM card 単体があり、スマホセットは約15000円も値引きされる。10月31日まで。時期によっては20000円の現金還元があるらしい!
FREETEL
ハロウィンセールでOCNモバイルのSIM の抱き合わせでFREETEL端末が約15000円安くなる。11月1日まで。らくらくセットを購入する訳ではないので、自分でも利用できそうだ。

NifMo はこのキャンペーンを何故か公にせずに行っている。元は非公式のblog で現金還元のキャンペーンが紹介されいていて、そこでは約12000円還元と書かれていたのだが、公式site を訪れてみると、約15000円と書かれていた。その契約内容は、7GB (2300円)で、今まで使っていた約3GB (1600円)と比べると高いが、その分回線を快適に使えるので欠点として扱うつもりはない。

NifMo とFREETEL は、キャンペーン期限の最後の週末には売り切れそうだから、その前にどこのスマホを購入するか決定しておきたい。という訳で、21日土曜日から判断のための情報収集を集中的に行った。

NifMo とFREETEL がかなりいい勝負であり、どちらを選ぶか悩ましい。
OCNモバイルは一ヶ月あたり3000円程度の値引きという大きなコスパを持つので、「らくらくセットの再契約」という手法が使えるならばそれを選ぶところだが、残念ながらそれは叶わない。だからSIM 契約の「次の次」に利用するのが得策だ。
それにFREETEL を使うと、OCNモバイルを解約した後すぐに契約ということになり、これが原因でブラックリスト入りする恐れもあるので避けたい。
そこでNifMo を利用することにした。

次にNifmo でスマホを選んだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。