平成28年熊本地震 被災者の注意点…火災注意、津波安心

平成28年熊本地震について、被災者が注意するべき事と、注意する必要のない事を挙げる。
被災者の身の安全と不安の解消に寄与できれば幸いだ。

注意すべきこと

  • 建物の倒壊。昭和57年の新耐震基準施行の前の建物は倒壊の恐れが強い為、避難したほうが良い。
  • 火災。地震発生時はガス栓を締めたり、消火器の準備をすべき。
  • 阿蘇山の爆発的噴火。今回の一連の地震で噴火が惹き起こされるかを判断することは難しく、いつ噴火するかを予測することも難しい。

津波は心配無用

今回の一連の地震では、多くの被災者が東日本大震災を思い起こして津波を恐れている。しかし、大きな津波は起きず、津波被害は発生しないだろう。

  • 震央が内陸地なので津波を引き起こしにくい。
  • 布田川・日奈久断層帯は横ズレ断層型(参考:読売新聞,テレビ朝日)。この型では津波は起きない。

東北地方太平洋沖地震()の震央は海で、縦ズレ型断層だった。

危険な地域

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。