格安SIM・スマホの利用検討で調査 音声通話・通信量等まとめ

smartphone の通信料金は、格安SIM の場合はドコモ、au、ソフトバンクという大手と比べて、遥かに安い。
そこで私は、格安SIM の利用してみようと格安SIM について様々なことを調べた。

大手と格安SIM の比較

通信料金は、大手事業者は5000円以上掛かるが、格安SIM は2000円でも十分な機能を得られる。
大手と契約する利点は、実店舗での対応が充実している事だ。MVNO の場合は、実店舗での対応は期待できない。

音声通話機能

音声通話SIM には最低利用期間が設定されているが、データ通信専用にはない。
データ通信専用SIM であっても、SMS 付きが存在する。
SIM のデータ通信専用から音声通話付きへの移行にはSIMカードの交換が必要。
音声通話はあった方がいい。音声通話SIM でなければ119番や110番へ電話できないのが大きい。但し通信料はデータ通信のみの場合の倍以上になる。

格安SIMサービス利用者の6割が音声通話SIM を採用している。意外と少ない。

格安SIM を提供する通信事業者の中で、人気があるのは、ワイモバイル楽天モバイルOCNモバイルONEmineoIIJmioUQモバイル
MVNO はおよそ1000社も存在すると言われるが、人気の事業者に絞ってから選ぶのが、楽だし安全だろう。

brand 音声通話の縛り期間 MNP転出手数料
ワイモバイル 2年 3240円
楽天モバイル 1年 3240円
OCNモバイルONE 6ヶ月 3240円
mineo 無し 2160円(1年以内:12420円)
IIJmio 1年 3240円
UQモバイル 1年 3240円
BIGLOBEモバイル 1年 3240円(3ヶ月以内:6480円)

通信速度

通信量が上限を超えたり、最安のプランだと200kbps になる場合があるが、200kbps は、画像の多いwebsite の閲覧や、地図の利用では不便なようだ。
常時200kbps のプランよりは、少し料金が上がるが、プランはもう一つ上のものを選んだ方が良いだろう。

おすすめの格安SIM

おすすめの格安SIM を紹介する。(2018-02-12時点)

OCN 端末セット

OCNモバイルONE の「らくらくセット」は、SIM と端末を合わせて売られているもの。
らくらくセットで端末を購入すると、端末の価格が最大で20000円安くなる。

楽天モバイルを価格.COM経由

「楽天モバイル 通話SIM 3.1GBプラン」(月額1728円)を価格.COM 経由で購入すると、現金11100円が還元される。

BIGLOBEを価格.COM経由

「BIGLOBE タイプD 3ギガプラン」(月額1728円)を価格.COM 経由で購入すると、現金15000円が還元される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。