玄海原発再稼働説明会 報道機関・反対派、容認派弾圧

、佐賀県は唐津市にて玄海町に在る九州電力玄海原子力発電所3,4号機の再稼働に関する住民説明会を開いた。

この説明会に際して、再稼働反対派と毎日新聞社等の大手media は「再稼働容認派の弾圧」や「反対派しかいないかの様な宣伝」を行った。

反対派による容認派抑圧

説明会において、過激な再稼働反対派は容認派の言論を抑圧した。

  • 容認派の発言時間を奪う
    • 制限時間を無視して主張し続ける
  • 容認派に恐怖心を与える
    • 制限時間を無視して主張し続ける
    • 野次を飛ばす

大手media の報道

毎日新聞社等は反対派のこの様な実態を報じるどころか、言論弾圧に協力して説明会に反対派しかいないかのように報じた。

毎日新聞 玄海原発 再稼働問題で佐賀県民説明会 怒号も響く (Wayback Machine, archive.is)
「安全性への疑問や再稼働を批判する質問が相次ぎ、怒号も響いた」と伝えた。説明会で出た意見のうち、反対意見のみを紹介し、更に「質問は1人一つずつ1分以内などとされたため不満の声も上がった」と伝えた。
時事ドットコム 玄海原発で県民説明会=再稼働反対相次ぐ-佐賀 (archive.is)
「参加者からは反対意見が続出した」と伝えた。説明会で出た意見のうち、反対意見のみを紹介し、更に反対派の「質疑応答の時間が不十分だった」という主張を伝えた。

反対派の実態を伝えたのは、確認できた分では産経新聞社のみである。
産経ニュース 玄海原発の住民説明会、過激な反対派が自己主張とヤジ繰り返す 「根性をたたき直して出てきなさい」 (Wayback Machine, archive.is)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。