QtWebEngineProcess.exeの正体 Win10 ThinkPad L540

、laptop「ThinkPad L540」を起動した際にTask Manager の項目「プロセス」を見ていたところ、「QtWebEngineProcess.exe」というprocess が存在した。これを確認したのは初めてだ。当process は暫く経つと消えた。

この名前を見て真っ先に思い浮かんだのが、web browser「QtWeb」である。しかし本機に本browser はinstall していない。
それではこのprocess の正体は何か?

FreeFixer の記事に拠ると、Dropbox をinstall しているとQtWebEngineProcess.exe が動くらしい。
私はDropbox をinstall した憶えはないが、OS のupgrade 時に「Windows Store 向けapp」としてinstall されたのかもしれないと思った。そこで「設定 ∋ アプリと機能」からDropbox を探したが、無かった。

当process が起動した原因として「Windows Store 向けapp が起動している」と予想した。
そこで、不要なWindows Store 向けapp を幾つかuninstall した。

uninstall したWindows Store 向けapp

Microsoft 社製のapp にはuninstall できないものがあると初めて知った。

後から「当process のfile の場所を調べておけば良かった」と思った。

当process が起動していた際、「Lenovo Solution Center」が自動で起動し、hardware の検査が行われていた。「これが原因でQtWebEngineProcess.exe が起動したのではないか」と少し思った。
更に調べて、C:\Program Files\Lenovo\Lenovo Solution Center に「QtWebEngineProcess.exe」が置かれている事が分かった。
これにより、Lenovo Solution Center が原因と分かった。

QtWebEngineProcess.exeの正体 Win10 ThinkPad L540」への2件のフィードバック

  1. QtWebEngineProcesがどこにあるんだろうと思ったら
    Originというアプリと一緒に入ってました。

  2. QtWebEngineProcess.exeは、いろんなソフトウェアに使われている、汎用的なプログラムのようですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。