H28参院選 有力media工作 安保論点誘導・政府貶し

第24回参議院議員通常選挙に於いて、有力media が、自民・公明・維新、こころ・改革の得票数を減らし民進・共産・社民・生活を増やす為の世論操作を行った。

論点を「安全保障」に誘導

  • 毎日新聞 朝刊() 改憲言及「票逃げる」 自民が争点隠し 日本のゆくえ 現場を歩く 2016参院選 (1)憲法
  • 東京新聞 朝刊() 「次の国会から改憲議論」 参院選後 具体的に条文審査 安倍首相
  • 東京新聞 朝刊() 自民、綱領には「新憲法」 野党4党「改憲阻止」一致 いま読む日本国憲法 参院選編 (上)基本姿勢
  • 朝日新聞 朝刊() 憲法・アベノミクス問う 改憲4党、3分の2焦点 参院選きょう投開票

民共の不祥事を隠蔽

、日本共産党の藤野保史(衆議)がNHK 日曜討論に於いて、防衛費について人を殺す為の予算という見解を示した。
これを与党は避難する声明を出し、選挙演説に於いても言及した。

ところが、NHKニュース7報道ステーション(テレビ朝日)等はこれを全く報じなかった。加えて与党に依る言及についても全く報じなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。