ThinkPad L540 回復media使用失敗 BIOS上診断…正常

、laptop 『Lenovo 20AUS26N00 (ThinkPad L540 シリーズ)』(Windows 7 Professional 32bit) のBIOS にてhardware の診断を行った。

この作業は、回復media を用いて本機のOS をWin8.1 Pro 64bit に変える試みの一部である。
23日に回復処理に失敗し、PC を再起動させると「Boot Menu」と「App Menu」から構成される画面が表示された。このApp Menu には「Diagnostic Splash Screen」と「Lenovo diagnostics」という二つの項目が有り、当初は正体が分からず無視していたが、WWW で調べたら診断するだけの様なので実行してみた。

まず「Diagnostic Splash Screen」を選んだ。

Diagnostic Splash Screen

このPC のhardware 構成が表示された。

Phoenix SecureCore Technology(TM) for ThinkPad
Copyright 1985-2014 Phoenix Technologies Ltd.
All Rights Reserved
COPYRIGHT LENOVO 2005-2015 ALL RIGHTS RESERVED
Build Time: 05/06/2015

CPU = Intel(R) Celeron(R) CPU 2950M @ 2.00GB
2048 MB System RAM Passed
256 KB L2 Cache
System BOIS shadowed
Video BIOS shadowed
BOIS Version: J4ET79WW(1.79)
ATAPI CD-ROM: PLDS DVD-RW DU8A5SH
Fixed Disk: WDC WD5000LPVX-08V0TT5

次に「Lenovo diagnostics」を選んだ。

Lenovo diagnostics

こんなメニューが表示された。

DIAGNOSTICS
  • CPU – Quick test
  • CPU – Extended test
  • LCD test
  • Memory – Quick test
  • Memory – Extended test
  • Motherboard test
  • Optical test
  • PCI-e test
  • Storage test
  • Run All
TOOLS
  • System information
  • Recover bad sectors tool
  • Generate configuration file
  • Execute from configuration file
  • Exit application

「Run All」を選んだ。
すると「Select tests」画面で「Quick tests」「Extended tests」「Restrict tests to unattended only」の項目が表示され、1番目と3番目にチェックが入っている。これらの項目は意味がよく分からないので変更せずに「Run Test」に進んだ。すると診断が実行された。
次がその診断結果だ。

Intel(R) Celeron(R) CPU 2950M @ 2.00GB
  • Register test : PASSED
  • BT instruction test : PASSED
  • X87 floating point test : PASSED
  • MMX test : PASSED
  • SSE family test : PASSED
  • AES test : NOT APPLICABLE
  • Result code:UCP01F000-WL7A9J
Memory modules
  • Quick random pattern : PASSED
  • Result code:UME800000-WL7A9J
Motherboard
  • Chipset test : PASSED
  • DMA test : PASSED
  • IRQ test : PASSED
  • PCI/PCIe test : PASSED
  • RTC test : PASSED
  • Result code:UMB01N000-WL7A9J
DVD-RW DU8A5SH
  • Media-less optical self-test : PASSED
  • Result code:UOD001000-WL7A9J
PCI EXPRESS
  • Status test : PASSED
  • Result code:UPE001000-WL7A9J
WDC WD5000LPVX-08V0TT5
  • Smart status : PASSED
  • Smart short self-test : PASSED
  • Drive self-test : PASSED
  • Random seek test : PASSED
  • Funnel seek test : PASSED
  • Targeted read test : PASSED
  • Result code:UHD01V000-WL7A9J

hardware に問題は無いようで、胸を撫で下ろした。唯一「NOT APPLICABLE」と判定されたCPU の「AES test」は、どうやら暗号化に関するものらしい。Celeron はAES-NI を搭載していないので、NOT APPLICABLE、即ち「該当なし」という判定が下されたのだろう。

本機のhardware に故障はない蓋然性が高いことが判っただけでも、実行した甲斐が有った。
この診断結果から、回復処理に失敗する原因は回復media の故障に有るのではないかと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。