爆転限定ベイブレード紹介 「福箱2000 Uドラグーン+α」

今回紹介する限定ベイは1週間ほど前に中古で入手したもの。

Uドラグーン

それがこちら、「アルティメットドラグーン ブルーカラーver.」!

デートマークは「99↑Y」(1999年11月)。サブビットはアルティメットドラグーンの幼少期(?)のタマゴドラゴン。
ベイブレードの第一号機である「アルティメットドラグーン」の限定バージョン。「ブルーカラーバージョン」といっても青色をしているのはウエイトディスクであり、アタックリングとブレードベースはプレーンクリア。
2000年の正月に合わせて福袋ならぬ‘福箱’として発売された。この福箱には、三種類のアルティメットドラグーンのうちどれかが入っており、何が入っているかは開けてからのお楽しみ、ということになっている。ちなみにこのブルーカラーバージョンの封入率は40%。

この「福箱」は爆転ベイファンでも見たことがない人が大半であるはずだ。私もその存在を知ったのは大人になってからだ。というのもこの製品は、この世に「ベイブレード」というコンテンツが産まれてからまだ5ヶ月しか経っていない頃に発売された、ごく初期のものだからだ。福箱シリーズは2000年版から2005年版までの6種類があるのだが、この「福箱」はその初代である。
まだベイブレードに人気に火が付く前の時期の製品なので生産量がとても少なく、今は非常に高い価格で取引されている。

今となってはこの福箱を新品で手に入れることはほぼ不可能で、出回っているものは中古品ばかりだ。
私が今回手に入れた物もやはり中古で、ウエイトディスクの塗装が剥げており、前所有者がこれで遊んでいたのが読み取れる。

そんな激レア品なのだけれども、私はこれを手に入れたときは実は大して驚いたり興奮はしなかった。というのも、福箱2000のベイは既に幾つか持っているから。それらについてはまた別の機会に紹介しようと思う。

もう一つのベイ

さて、話はまだ続く。

福箱には、ベイブレードが2個封入されている。三種類のアルティメットドラグーンのいずれかに加えて、サイゾー、フロスティックドランザー、パンプキング、バクシンオウのいずれか一つが入っているのだ。
実は、私が先のアルティメットドラグーンを手に入れた際に、セットでもう一つの方も入手していた。

それでは紹介しよう、これがパンプキング ダークパープルver.だ!

 

 

 

大介ェ…

彼は私達に威厳を誇示するかのごとく、キングの名にふさわしい黄金色の羽衣をまとっていたのだ。

裏面はこんな感じ。前所有者の若さ溢れるクリエイティビティがここにも表れている。

このように全体を金色に塗装されているのだが、ところどころ塗装が剥げて紫色の素肌が見えている。

アルティメットドラグーンの方は状態がわりかし良かっただけに、パンプキングの方は前所有者に愛されすぎていたのが惜しかった。まぁ、前所有者も後にこれらのベイが高い価値を持つことになるとは夢にも思わなかったはずだから仕方ない。

とはいえ、めったに手に入らない福箱のパンプキングだから、何とか塗装を落として本来の姿を鑑賞したいものだ。どなたか塗装の落とし方をご存知の方、どうかご教示くださいm(_ _)m。

爆転限定ベイブレード紹介 「福箱2000 Uドラグーン+α」」への2件のフィードバック

  1. はじめまして、私も初期ベイ集めてます 玄米茶です。
    なかなか落ちにくそうな塗料を使用されていますね… 油性ペン程度なら除光液とかでいけそうですが
    ところで福箱のベイは緑のフロスティックばかり見かける気がします
    他のベイ、特にサイゾーは全然見ませんね 実際は等確率ではないのでしょうか? ランブーには茶色と青のサイゾーが載ってますがこちらも一度も見たことないですね

  2. はじめまして!
    除光液ですか〜、塗料を落とすというのは今までやったことが無いんですが、時間があるときに試してみようかなと思います。お教えくださりありがとうございます。
    緑フロスティックは以前ヤフオクに出ていたのを見かけたことがありますね。
    赤サイゾーは、実は自分2個持ってるんですよ!なので個人的には封入率が低いという印象はないですね〜。これも後々紹介しようかなと思っています。
    初代ランブーはアタリどころかハズレを手に入れるのも至難ですね。でも奇遇なんですが最近茶色サイゾーのパーツをゲットしたんですよね、しかも笑いのネタになるような状態で入手したのでこれもいつか記事にしたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。